トップ 概要 あらすじ キャラクター 掲示板 ダウンロード リンク サークル

第一夜あらすじ

『孫派第八訓練所』

超常の力を持つ“使い手”と呼ばれる能力者を育成する施設。
大戦以後、波槽で多く見られるようになった異能力者を戦力として鍛えるべく、
孫派、八犬士の一人である蒼芽(そうが)のもと、多くの使い手が鍛錬に励む場所だった。

が、それも今は昔。
波槽の内乱が激しくなるにつれて、訓練所へ送られる人間は激減。
今やリーダーの蒼芽に加え、数名の訓練生が所属するのみだった。

しかし、そこに突然、新たなメンバーが加わることになる。

それも二人。

一人は、リーダーの背信で瓦解してしまった孫派の部隊の下っ端の少女、月夜(つくよ)。
もう一人は孫派に保護された戦災孤児で、アンドロイドに育てられたという青年、タカヤ。
タカヤと一緒にやってきたパーソナルロボットのルイも加え、倍近い人数になった八練。

さらに近所の住人達や謎の幽霊少女も交え――波槽の戦いは、加速していく。


第二夜あらすじ

◆第二夜あらすじは>コチラ
※第一夜ネタバレ注意!

HOME
HOME